東京スイカ研究会ワンパクレベルQ

東京スイカ研究会

山形県スイカ収穫ツアー(その1)の巻

8月 12 2009

収穫研究 BY : abe

どうも、収穫研究担当の阿部です。

今回から数回に分けて山形県の尾花沢市へのスイカ収穫ツアーのお話しをしていきたいと思います。

8月某日朝10:00、渋谷某所に東京スイカ研究会の研究員が集合しました。

今回は予算の都合上、僕の車で行くことに。しかも帰りは世間を騒がせている高速道路乗り放題1,000円の恩恵を受けることもできるため一人あたりの交通費のコストパフォーマンスはかなり良いはず。

ということで、まずは首都高速から浦和インターチェンジで東北自動車道を北上することに。
浦和インターチェンジ

途中寄り道をしつつも、約4時間かけて村田JCT.から、山形自動車道に入る。ここまでくればラストスパートだ。

村田JCT.

そこから約1時間走り、山形自動車道から東北中央自動車道へ、東根インターチェンジでおり、国道13号線を更に北上する。もう目的地の尾花沢市間近というところで「道の駅 むらやま」を発見。何か情報があるかもということで寄り道することに。
道の駅 むらやま

すると、建物の外にスイカ直売所が。しかも”冷たくて甘〜いスイカ”のカット売り100円っ!!自動販売機の”あったか〜い”、”つめた〜い”表記同様、”〜”で書かれると甘そうに感じるものである。ここまでの長旅で疲れはあるものの、徐々にテンションが上がってくる。

スイカ直売所
冷たくて甘〜い カットスイカ100円!!

情報を入手するための中に入ってみると巨大なワラジが!!なんだかよくわからないが、かなり巨大だ。どうやら村山市のシンボル?っぽい。

巨大ワラジ

巨大ワラジに後ろ髪を引かれつつ、今回は尾花沢のスイカが我々のミッションである。ここで浮気をするわけにはいかない。道の駅にある地図を見ながら心を改める。そういえば花笠祭りも山形だったな。

尾花沢市地図

寄り道でかなり元気が戻ってきた。もう尾花沢市は目と鼻の先だ。ここは先を急ぐべきということで、そこから更に20分ほど北上し、ついに目的地である八代建設さんに到着。どうやら本当に建設会社のようだ。

八代建設
ユンボ

早くスイカを食べたい気持ちを抑えつつ、まずは、入り口のところにあった、「はじめちゃんスイカ」の看板の前で到着の記念撮影。今回、タネ研究担当の野村は残念ながら所用により欠席。

はじめちゃんすいか看板

ます僕たちを出迎えてくれたのは”はじめちゃんすいか農業・生産・販売・企画 営業部長の菅原さんだ。ニヒルな笑顔のダンディな菅原さんは若い頃は東京のホテルでシェフをやっていたという経歴の持ち主だ。実ははじめちゃんすいかのキャラクター、八代建設社長の八代一さんの義理の弟でもある。

はじめちゃんすいか 営業部長 菅原さん

はじめちゃんすいか 営業部長 菅原さん

菅原さんはまずすいかの正しい切り方のレクチャー(別研究の中でレポート予定)をしてくれながら”はじめちゃんすいか”を僕たちにふるまってくれた。

率直な感想は「みずみずしい!あまい!うますぎる!やばい!」

どうやら尾花沢のスイカは中心の糖度が13-12度程度あり、その周りが12-11度、皮の際の部分で11-10度ないと出荷しないらしい。

はじめちゃんすいか

こうなると収穫がとても楽しみということになる。
その後は”はじめちゃん”こと八代一社長にご挨拶をしつつ、翌日の収穫の打ち合わせをおこない、1日目が終了。(はじめちゃんはここでは出し惜しみ。次回以降で登場予定)

ちなみにはじめちゃんすいかはここから購入できるので、是非一度食してみてもらいたい。

次回は収穫体験をレポートするのでお楽しみに!

コメント