東京スイカ研究会ワンパクレベルQ

東京スイカ研究会

【レシピ】 野菜と鶏肉のスイカ炒め

7月 27 2009

料理研究 BY : morita

『スイカを使ったレシピを考案せよ』

今回私に与えられたミッションは、実はナカナカ厳しい任務だったりします。
というのは、スイカは他のフルーツと比較して水分が90%以上を占めるという殆ど水に近い果物ですし、甘みもそれほど強くありません。

「どうやってスイカの存在を上手に主張する事が出来るのか・・・」

dscn1819
スイカを見つめる料理研究担当・森田の視線も真剣です。

とりあえず、味付けはできるだけシンプルにし、且つクセの少ない旬の野菜たちを使うことにしてみました☆用意した野菜はこちら。
↓ ↓ ↓
dscn1835
ナス、しめじ、いんげん、オクラ。

まず、スイカを皮と果肉部分に切り分けます。
dscn1834

そしてスイカの果肉部分を、大根のようにすりおろしましょう。
dscn1841

色的にはトマトをつぶしたような感じ・・・カナ!?
dscn1843

甘みがある果物(野菜)と相性が良いのはお肉です。今回は鶏もも肉を使いました。鶏もも肉は一口サイズに切り、お酒・塩・生姜のすりおろしで下味をつけておきます。
dscn1836

生姜はチューブ式の物を代用したもOKです。

スイカの皮は緑色の部分を取り除き、白い部分を適当な大きさにカットします。
少し固いので、事前に電子レンジで1~2分温め熱を通しておくと炒める時に楽ですよ。

オクラといんげんも同様に切って下さい。ナスはヘタを切り落とし、がくを取り除き、食べやすい大きさにカットした後、塩水につけてあく抜きをしましょう。水が暗くにごってきたら流水で流し、キッチンタオルで水分をよく拭き取って下さい。しめじは根元を切り落としてから手でさいて下さいね。

続いて下味をつけた鶏肉に片栗粉を軽くまぶし、油をひいたフライパンで炒めます。軽く炒め、肉に焼き色がついたらしめじとナスを投入します。途中で少し、すりおろしたスイカを加えて更に炒め続けます。
dscn1845

ナスに焼き色がついたら、いんげんとオクラ、そして先ほど電子レンジで熱を加えたスイカの皮を入れて更に炒め、1分ほどたったらいったん火を止めて残りのスイカと味付けの醤油を加えます。
dscn1846

火を強火にし、焦げ付かないよう5~8分程度炒め続けたらスイカの水分が減ってきます。とろみが出てきたら出来上がりで~す☆
dscn1850

所要時間は20分くらい。簡単に出来ちゃいました。食べてみると、野菜と鶏肉に対し絶妙なバランスでスイカの自然な甘みが加わっています。

dscn1848
なんともご飯にぴったりと合う味!

「スイカの甘みが白米と合うの?」と疑う方もいるかもしれませんが、だまされたと思って試しに作ってみて下さい!!口に運んだ時に鼻にほんのりとスイカの甘い香りが残る、という表現の方が正しいかもしれません。スイカの甘みが主張し過ぎない分、野菜それぞれの味も活かされています。

なんとも奥ゆかしい存在のスイカ。
主張しすぎず、
うまく周りの食材と調和し、
それでいて自分の存在はかすかに香りとして残す。
日本古来、女性のあるべき姿のようです(笑)

野菜はお家にある物で代用可能です。色味を考えると、黄色いパプリカやコーンなどを入れても良いですし、夏という事でゴーヤやズッキーニを入れても美味しいと思います。
今回の分量は下記になります。
↓ ↓ ↓
—————————————————
野菜と鶏肉のスイカ炒め(2人分)
—————————————————
スイカ   800グラム(皮も含みます)
鶏もも肉  1枚
ナス    2本
オクラ   4本
いんげん  4本
しめじ   1/2パック

<鶏肉下味>
お酒    大さじ1
生姜    適量
塩     少々
醤油    大さじ2~3(お好みで)
片栗粉   適量
—————————————————

女性の皆さま、週末にでも作ってみて下さ~い( ´∀` )

コメント