東京スイカ研究会ワンパクレベルQ

東京スイカ研究会

お知らせ BY : admin

suicup2009_1

9月になりましたが、まだ、夏休み気分が抜けない人は多いのではないでしょうか?
むしろ夏の間も仕事ばかりで、夏を満喫できなかった人も多いのではないでしょうか?

ということで、東京スイカ研究会がお届けする残暑見舞い企画「SUICUP 2009(スイカップ 2009)」開催中!
水着美女と一緒にオンラインスイカ割りをお楽しみください!

開催期間:2009年9月2日(水)~4日(金)
放送時間:11:00~19:00(最終日11:00~21:00)
※最終日は、アフターパーティーとしてリアルイベントと連動します

【ゲームの利用方法】

「SUICUP 2009(スイカップ 2009)」は、ウェブカメラを使い、ライブ中継で水着の女の子を操作するオンラインスイカ割りゲームです。
ネットユーザーが遠隔操作で「右」「左」「前」「後」「叩 け!」などのボタンを押すと、その音(声)に反応して、目隠しをした女の子がスイカ割りに挑戦します。
また、スイカ割り以外に、水着の女の子に指令を下す「二択カード」や、チャット機能も用意されております。

【ゲームの接続・操作について】

「SUICUP by 東京スイカ研究会」(http://suicup.jp/)のトップページから、”ライブへ参加する”ボタンをクリックすると、Flashのスイカ割りゲームが起動します。
スイカ割りゲーム会場に入れる同時接続数は100名程度となります。その中で、実際にスイカ割りの操作ができるのは先着30名(予定)となります。

【出演】

●佐藤祐美(モデル)
http://ameblo.jp/maddest-yuming/

●北川香織(モデル)
http://ameblo.jp/kyaori23/

●天野あい(グラビアモデル・モデル)
http://ameblo.jp/amanoai/

SUICUP by 東京スイカ研究会
http://suicup.jp/

お知らせ BY : トミモトリエ

suicup-night

2009年9月4日(金)20時~渋谷HI.SCORE Kitchen(ハイスコアキッチン)で「東京スイカナイト」を開催します。

まだまだ夏休み気分が抜けないというあなた!夏らしいこと何もできなかったというあなた!夏休みがなかったというあなた!スイカ料理やスイカのお酒を味わいながら、夏を惜しんで最後の思い出をつくりませんか?

当日は、東京スイカ研究会研究員が収穫体験してきた山形県尾花沢市のスイカが山ほど食べれます。そして、無理やり夏気分を味わえるイベントも用意しております。

日時 : 2009年9月4日(金)20:00~23:00
会場:渋谷 HI.SCORE Kitchen(ハイスコアキッチン)[MAP]
交通:JR渋谷駅西口 徒歩5分
料金:3000円(フリードリンク+フード)
ゲスト:天野あい

是非ご参加ください!

お申し込みはこちら↓

フレームが出ない場合はこちらへ

お知らせ BY : トミモトリエ

前回のワークショップのレポートでも告知しましたが、来週月曜日に、中目黒のワンパクオフィスで「第二回スイ研ワークショップ」を行います。

今回のテーマは「料理研究」。

メインメニューはスイカカレー+スイカライスです。
サイドメニューとして、スイカポタージュにも挑戦してみたいと思います。

当日はUstreamでの生中継を行いますが、実際に参加したい人、食べてみたい人も募集しています。おいしいかどうかはまだわかりません。
参加したい!という人は info@suicup.jp までメールをください!

第二回スイ研ワークショップ

テーマ:料理研究
日時:2009年8月24日(月)18:00~
場所:中目黒 ワンパクオフィス [MAP]
メニュー:スイカカレー、スイカライス、スイカポタージュ(仮)の3品

スイカ割り研究 BY : タナカノブマサ

スイカ割り実験(後編)です。前編をまだ見てない方はいますぐネコまっしぐらな勢いで読みにいってください。カタパルトに射出される勢いでもOKです。

前編では「スイカ割り」ルールを調べてみました。今回はそのルールのもと、実際に屋外でスイカを割るという実験をした模様をお送りしたいと思います。

代々木公園にて
ということで代々木公園にきてみた。研究員たちが機材のセッティングをしています。周りには子供づれの夫婦がござをひいてたり、近くで合唱団が練習してたり、のほほんとした公園にて実験をはじめた。

真剣にスイカをセットする
野村研究員がスイカの頭と尻が真上真下に来るように真剣に設置する。
スイカ割りの準備も始めます。プレイヤーの被験者は中川研究員。

[ACTION-1 目隠し]
前が見えないようにするために目隠しに入ります。

目隠しする その1
ワンパク風呂敷を捲く中川研究員。

目隠しする その2
あれ?眼鏡をその上からかける中川研究員。

目隠しする その3
あれれ?「準備ヨシ!」て中川研究員ッ!?

ま、いいかwおちゃめな中川研究員、それではクルクルをまわってください。

[ACTION-2 回れ回れ]
目隠しする前にスイカの位置などもわかっているのでリセットする上でもプレイヤーがクルクル回ってもらい方向感覚をなくさせる。

クルクル
クルクルッ

中川「もういいですか」
野村「え?まだ全然まわってないですよ」
中川「結構もうキテます」
野村「ええ?」

まあ、そこまで目を回しても意味ないので、もうちょっとだけ回ってもらい終了。

[ACTION-3 セット]
スタート位置につかせます。

スタンディング
中川スタンディング。
スタート位置にセットします。
なんか向こう向いてるけど大丈夫かな。

[ACTION-4 スタート]
スイカ割り開始。みんなで掛声をかけて、プレイヤーをスイカのもとまで導いていきます。重要なのはみんなの声をしっかり聞くこと。

スタートその1
「右ッ!」「右ッ!」「右ッ!」
て、みんな「右」言い過ぎて、
中川研究員違う方向へ

スタートその3
「左ッ!」「前ッ!」「左ッ!」「左に向いてッ!」
なんとかスイカの目の前まできた!

[ACTION-5 クラッシュ]
とうとうやってきた念願のスイカの前。眼下に身構えるスイカ。(プレイヤーは目隠しして見えませんが)難しいのここからだ。握りしめた棒を垂直に振り上げ、綺羅星の如く振り下ろす。スイカの真心に捉えて、あやつらを真っ二つにするのだ。GO!中川研究員!

クラッシュ
HIT!研究員たちから歓声が上がる。

その時のハイスピードカメラで捉えた映像もご覧ください。


ぽすって割れた感じですが、見事に割れました。

[ACTION-6 判定]

割れたスイカ
真心からずれてしまったので、割れたのが1:1ではないので減点対象になるだろう。また断面図がキレイではないのでこれまた減点対象だろう。そう考えるとスイカ割りは競技としても難しい。掛声をかけるチームメイトにも重要のファクターとなるので、カーリングに似てるかもしれない。

キレイに割るためにもう少し割ってみようと思います。


大玉。割るというより撲殺って感じになってしまいました。こんなにギザギザに割れるものなんですね。


小玉。粉砕!て感じですね。見事に割れました。破片も多いですが真っ二つになりました。

ただ、包丁で切ったようなキレイな割れ方は実験ではできませんでした。なかなかスイカ割りというのは難しいようです。

更に違うものも割ってみた

リンゴです。繊維質が強いからだろうか。さっくりいきました。


緑つながりでメロンです。中身の柔らかさからしてつぶれるだけだと思いましたが見事粉砕しました。


カボチャにしたかったんですが、近くのスーパーにまるごとのカボチャがなかったので大根で代用。あんまり割れたという感じではないですね。

リンゴやメロンではダイナミックさが足りない。スイカほどの大きく、中身が詰まった野菜・果物はそう多くないことから、スイカ割りのような競技で割るものは、やはりスイカということではないでしょうか。

番外編
棒で割らないとなるとどうなるのだろうか。

スイカを素手で割る

空手の経験があるmbdbのcazukiさんに今回も登場してもらいました。琉球古武術や小太刀術も修め、空手では全日本ベスト8の腕前だとか。前回は第1回スイ研ワークショップにてスイカのおいしい見分け方をご教示してもらいました。今回は素手でスイカを割って。本職はモバイル関連の敏腕ディレクター。この方、何者ですかw いずれにせよ、スイカを素手で割った動画をどうぞ!


完全に職人技になってます。バコーンとわれてないじゃないかって?ノンノン。スパーンとキレイな割れ目を作って真っ二つにしちゃったのが職人技なのです。空手道15年の技ですかね。

でも素手解禁にしてしまったら、女性にもできる競技ではなくなってしまう。そうなると水着のおねーさんと遊べなくなっちゃう。こんな美女やこんな美女と浜辺でスイカ割りを一緒に楽しめなくなるんですよ。だからダメです。ダメダメ。スイカ割り競技で素手は禁止。完全に禁止です。

その後、阿部研究員からのタレコミで日本すいか割り推進協会なる団体の公式ルールが現存していることが発覚した。詳しくはサイトへアクセスください。かなり細かく決められていますねー。

うーむ。東京スイカ研究会公式のルールは別途つくりたいと思います。それは番外編ということで新規にエントリします。

最後にそもそも「スイカ割り」てどこで始まったの?いう疑問はウンチク研究で今後言及したいと思います。たぶん。おそらく。きっと。

もちろん、最後にはみんなで美味しくいただきました。その日は炎天下で暑い日だったり、割った楽しさも相俟って、美味しかったです。その他はもともと廃棄したものを使用しました。
おいちぃ

スイカ割り研究 BY : タナカノブマサ

今回は夏の定番「スイカ割り」について実験してみようと思います。スイカ割りの実験をやろうと思った発端は、山形県の尾花沢市でスイカ収穫ツアーに行った時に、先方の配慮で急遽、スイカ畑の隣でスイカ割りをすることになった。

スイカ

その時、研究員たちは、子供の頃に感じた懐かしさ、みんなで遊んだ楽しさ、ひと夏の甘酸っぱい思い出、もとい、ひと夏の盛りあがったイベントの思い出(甘酸っぱいのは初恋とか初めてのキッスの時か)を感じたのです。そうみんなが感じました!勝手に断言しますが。

そこで、種、皮、料理、収穫、ウワサといった担当制で研究を進めていく制度を超えて、スイカ割りの研究を新たに追加しようと決意したのです!その前にサクッとウンチク研究(スイカの歴史(前編)をアップ)を追加したのは内緒です。ボクが音担当だったことは、もっと内緒です。(音について一回もエントリーしてない)

まずは、スイカ割りのルールを調べてみよう。

公式ルールが過去に存在していた模様。JA(農業協同組合)が「日本すいか割り協会(Japan Suika-Wari Association)」を1991年に定めたルールがある模様。日本すいか割り協会は、スイカの消費拡大を目的として行ったキャンペーンのため、現在は存在していないとか。

どんなことをやっていたか実際に農協お客様相談窓口に電話をかけてみた。しかし、1991年と18年前ということもあり、資料もなければわかる方もいないとのことで、日本すいか割り協会の活動は闇に葬られてしまいました。これはボクら東京スイカ研究会が新しく作るしかないのだという啓示でしょう!

日本すいか割り協会が定めた公式ルールをおさらいしてみましょう。

スタートからスイカとの距離
9m15cm。

棒

直径5cm以内、長さ1m20cm以内。※長さが少し短かったです。

目隠し用手拭い
目隠し用手ぬぐい
JSWA 公認のもの。
目隠し度合いの確認のため1万円札を競技者の前に落としてみる。
※JSWA公認がなかったためワンパク風呂敷を代用いたしました。

使用するスイカ
国産スイカ(よく熟れたもの。)。

制限時間
3分。

判定
割れたスイカの断面の美しさによって審判員が判定する。最も美しいとされる、スイカが2つに割れてその2つの大きさが均等という状態を満点として割れた部分の大きさの不均衡具合によって減点法で採点する。

その他
審判員は、その年のスイカを10個以上食べている必要がある。

以上が規定のようです。
というか、審判員への規定が一番ハードルが高いw
10個は食べられないでしょう。1個て大玉を1個だよね?食えないよ。いや、それほどの愛がなければならないということなのか!?愛があれば食える。愛で食えてもオナカはタプタプだな。

判定の割れた断面の美しさによって勝敗が決まる。というところが意外だった。割れたら勝ち、割れなかったら負け、なのかと思っていた。ということはスイカは美しく割れるということなのだろうか。その他のものだと美しく割れないのだろうか。

後編はスイカの割れ方を含め、他の果物や野菜でスイカほどに美しく割れるものを求めて、実験してみたいと思います。

後編へ続く

ウンチク研究 BY : タナカノブマサ

<江戸時代のスイカ>
江戸時代では、スイカの果肉や果汁を主として食されていたようです。日本にスイカが伝来してきた時から果肉などを主に食べられていたようです。「農業全書」にはスイカの形状について、「摂津名所図絵」では味豊かな一品と記されています。

<明治時代以降のスイカ>
明治時代からは種苗導入事業が始まり、アメリカからは「アイスクリーム」「マウンテンスイート」「ラットルスネーク」などの品種が輸入され、ロシアからは「スイートサイベリアン」という品種が輸入され、スイカ栽培が活性化していく。大正時代には、中国から「嘉宝」、アメリカからは「甘露」が輸入され、日本各地に根づいていった模様です。

<品種改良されていったスイカたち>
大正時代に、奈良県で「権次」や「アイスクリーム」が広く栽培され、品種改良の末「大和」が誕生したとされています。そこから更に改良を加え、「大和2号」「大和3号」「大和4号」と育成していき、近代的スイカ品種の基礎を築いた。

昭和時代に、「大和3号」と「甘露」を組み合わせ「新大和」を育成した。そして、「新大和1号」「新大和2号」「旭大和」が育成された。

千葉県では「大和」から「千葉1号」を分系し、「甘露」と組み合わせことで「都1号」「都2号」「都3号」などの品種育成に成功し、関東地方の近代品種の基礎を築いた。

現代では大玉や小玉といった大きさなども様々な品種が存在しています。その中で、大玉は「祭777」という品種が多く栽培されております。

<スイカはクスリでもあった>
スイカの果肉は90%以上が水分で、少量のリンゴ酸、アルギニンを含有。紅色の色素にはリコピン、カロチンが含有される。種子は20%以上の植物性脂肪、50%以上の植物性タンパク質、フィトステロール(コレステロール減少作用)などが含有される。
現在は科学的分析も進んでおり、
・果汁・・・利尿作用
・スイカ糖(果汁濃縮)・・・急性
・慢性腎臓炎に服用
・皮・・・コレステロール減少、血管拡張
といった効能があるとされている。
昔の人々は経験的にこれらを熟知しており、特に東洋では漢方薬に昇華させていたと考えられる。

以上、スイカの歴史でした。
最後にcazuki講師のプレゼン資料(PDFファイル)をアップしておきます。

ウンチク研究 BY : タナカノブマサ

第1回スイ研ワークショップでも世界的にスイカの歴史を勉強しました。講師のmbdbのcazukiさんが作られたプレゼン資料を元におさらいしてみます。諸説あるのでどれが本当かどうかはわかりませんが、取り上げてみたいと思います。後編にてプレゼン資料をアップします。

<スイカの起源>
スイカの誕生は約2500万年前~3000万年前。 原産地は熱帯アフリカ南部、現在のボツワナ共和国~カラハリ砂漠周辺。

<スイカの来歴>
栽培は約7000年前の紀元前5000年頃から。アフリカの古代農耕文化の発達と共に各地へ広がり、その後、3000年前にエジプトやギリシャに、紀元前にはローマに伝わったとされています。その後、地中海沿岸で栽培されるようになり、果物としてのスイカになっていったようです。

アジア地方では、インドで広まったあとに東南アジアに伝わり、11世紀には中国に広まったとされています。ヨーロッパ地方では16世紀に中央部と西部に伝わり、イギリスにも伝来していったとされています。17世紀にはアメリカでも栽培されるようになったようです。

<「西瓜(スイカ)」という名の由来>
「西瓜」は、中国にスイカが伝わった時に、インドやヨーロッパのほうから伝わったことで、西からきた瓜として「西瓜」と呼ばれるようになったということです。スイカは、漢語「西瓜」の「西」を唐音で発音されたものとのことです。

<日本への伝来>
スイカが日本へ伝来したのは「大正7年にポルトガル人が長崎に持ち込んだ」という説もありますが、もっと以前の書物に記されているので古来より日本に伝わっていたらしく、厳密に証明することは難しいでしょう。以下にスイカに関する記された書物などを列挙してみます。

1140年頃:伝鳥羽僧正作「鳥獣戯画」
1368年頃:義堂周信筆「空華集」
1579年頃:ポルトガル人がカボチャと共に種子を伝える
1624年~1643年頃:薩摩に渡来
1648年~1652年頃:隠元禅師が中国から携える
1697年:農業全書

農業全書では「西瓜ハ昔ハ日本になし。寛永の末初て其種子来り。其後やうやく諸州にひろまる。」と記されている。寛永は1624年~1643年ですが、その前から存在を示す兆しがありました。

もっとも古い残っている書物としては伝鳥羽僧正作「鳥獣戯画」です。鳥獣戯画にすいかを持ったスイカらしき野菜が描かれてるいるので、何らかの形でスイカの存在を知り得たのだと思いますが、定かではありません。1140年頃には既にスイカがあったのでしょう。ただ、今のようにたべられていたかというのは不明です。

後編へつづく

料理研究 BY : morita

こんにちは。料理・スイーツ担当の森田です。
収穫のために向かった尾花沢では、
スイカを使った色々な食べ物に出会うことが出来ました。
殆ど都内では見かけたことがないような、珍しい食品ばかり!
今回は、私たちが尾花沢で出会ったスイカ食品の数々を
みなさんにご紹介していこうとおもいます。

まずはこちら↓
旨いもの便その1:『スイカ糖』
r0011288

みなさん、スイカ糖ってご存知ですか?
箱から出すと小さな瓶に入っていて、トロ~っとした液状になっています。
下の写真は、私たちが収穫体験をさせて頂いた、
八代建設さんで販売されているスイカ糖です。
dscn2191

色とトロミ具合から観察するビジュアルは、まるでプルーンのようです。
味もちょっとプルーンに似ていますが、
ほんのりと後からスイカの甘みが残ります。

実はこのスイカ糖は、スイカの還元糖そのものなんです。
果肉を刻んでミキサーにかけた後、布やネットなどで丁寧にこして、
そのスイカ液を弱火で何時間も煮詰めて作るそうです。
手間がかかっている分、少しお値段はお高め☆

でも砂糖が入っていないので、糖分の殆どが良質の還元糖であり、
カロリーはとても低いんですよ~。
そんな自然力を増強させる効果のある食品スイカ糖は、
なんと、中国では民間伝承として古くから作られていたという
文献もあるくらいなんですよ(o・∀・o)スゴイ!!!

それに夏のこの暑い時期、女性なら誰でも紫外線が気になりますよね。
スイカは紫外線デトックスにも効果的です。
スイカにはリコピンとシトルリンが多く含まれていて、
リコピンはスイカの果肉に含まれ、抗酸化力があり、
シトルリンは体内で発生する猛毒のアンモニアやアミン類を無害な尿素に変換させ、
利尿作用を促進するデトックス効果があります。
まさに美容食品の極みヽ(・∀・)ノ♪♪♪

食べ方としては、
・スプーン2~3杯/日を目安にそのまま食べる
・焼酎で割って飲む
・ジャム代わりにヨーグルトに入れて食べる
・同じくジャムの代わりにパンにつけて食べる
などがあります。
私はヨーグルトに入れて食べるのが好きです☆

続いてはコチラ↓
旨いもの便その2:『すいかぺちょら漬け』
r0011291

ペ・・・ぺちょら???
なんという可愛らしいネーミング(笑)
ぺちょら漬けとは、辛めで酸っぱい
山形県の北村山郡に伝わるお漬物の名前です。
ぺちょら漬けで有名なのは、茄子のお漬物です。
ぺちょら漬けの歴史をたどってみると、
昔むかし、最上川が氾濫した影響で
畑になっていた茄子の色が抜け落ち、
「このまま捨てるのは忍びない・・・・」という地元の方達のアイディアで
唐辛子などを入れて漬けたのが始まりだそうです。

塩漬けと違って、自然発酵させた乳酸菌がたっぷり入っており
糠漬けと同じような酸味があります。
その酸味にプラスされた唐辛子のピリッとした辛さ。
ビールのおつまみにもぴったりです。
dscn2183

スイカのぺちょら漬けは、間引きした赤ちゃんスイカを
丸ごと漬けているので、ちゃんとスイカの縞模様が残っています。
dscn2184
あらやだ( *´艸`)可愛い☆

最後にコチラ↓
旨いもの便その3:『スイカワイン』と『スイカリキュール』
dscn2073dscn1889

スイカで作ったお酒たちです( ^∀^ )
まずはワイン。こちらは尾花沢スイカ100%の爽やかなデザートワインです。
尾花沢で収穫したスイカを使い、山梨のワイン工場で作っています。
dscn2193

ふたつの県のコラボ作品とでもいいましょうか?
グラスに注ぐと爽やかな芳香が漂い、透き通るような薄紅色がとてもきれいです。
スイカのほのかな甘味を楽しめて飲みやすいのですが、
アルコール度数は10%。意外と高め。
フルーティなので飲みすぎちゃいそうですね(;^ω^)

そしてリキュール。
dscn2192
色々な飲み方が楽しめます。
私はバニラアイスを買ってきて、上からリキュールを垂らして食べてみました。
すっごい美味しい♪ヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノ♪

全部の商品が、尾花沢関連のWebサイトで購入可能です。
皆さんも探してお取り寄せしてみてください。

種研究 BY : nomura

スイカのタネいくつある?

こんにちは、野村種研究員です。

スイカを研究するに当たり、我々はスイカのタネに関していくつかの噂を耳にしました。

  • スイカのタネを食べてはいけないという噂
  • スイカのタネの数が一定だという噂

そのうち、「スイカのタネを食べてはいけない」に関しては、海外ではむしろ食用であることで既に覆されました。残る「スイカのタネの数は一定」という噂について、先日、8月14日(金)のワークショップにて検証が行われました。

そうです、スイカのタネを数えたのです。

スイカを切り分けます

スイカのタネを切らないようにカズキ先生がスイカを切ってくださいました。タネの分布は均等ではないようで、見るからにタネが多いカットとタネが少ないカットが存在します。さぁ、誰がどのカットを担当する?

数えます「いただきまーす」

……じゃありません!間違ってタネを食べないように、慎重に慎重にスイカを崩していきます。

黒いタネ、白いタネ(未成熟のタネ)ともにタネとしてカウントします。とても小さなタネ、タネになり損ねたようなカケラみたいなものもタネとしてカウントします。これはタネなのか?それともスジなのか?触ってみたりして慎重に確かめます。

そうこうしていると、スイカが徐々に温くなっていきます。もったいない。もったいないので、タネを数え終わった部分から食べていきます。でも食べるのに夢中になると、タネのことをうっかり忘れてしまいそうになります。使命と欲望と。義理と人情……はちょっと違うか。まぁ、そういったものを悶々と抱えながら、我々はひたすらタネを数えるのでした。

トミモト皮研究員は明らかにタネが多いカットを担当しています。ミジンコも見逃さないような鋭い視線で、ものすごい数のタネをカウントしています。こんなにタネを数えられて、さぞかし光栄なことでしょう。嬉しさを通り越して泣きそうになっています

あれあれ?その横で、田中音研究員が若干さみしそうです。どうやらタネの過疎化が激しいカットを手にしてしまったようですね。一見、数えるタネが少なくて楽なように感じられますが、やはり数えてナンボですから。

さてここで若干の疑惑が生じます。小さいタネを見逃さずにカウントしている研究員と、タネがなかなか見つからない研究員……。ひょっとして視力の問題?いやいや、人を疑うなんていけないことです。みんな必死で数えています。「あ、タネがこんなところに落ちてた」って、コラー!……ひょっとして集中力の問題?

研究員、ダレる

完全に数え(食べ)疲れている研究員たち

叱咤する種研究員(企画の成功に一抹の不安を抱え)

叱咤する種研究員(企画の成功に一抹の不安を抱え)

さぁ、食べ終わりました。間違えた、数え終わりました!

結果は……

集計結果!

788!おおーっ!パチパチ。

……で、多いのか少ないのか分かりませんが。とにかく、今回実験に使用した約12Kg程度のスイカの中には、タネが788個入っていることが分かりまし……。

「あ、タネが落ちていました」

……ってコラー!この写真を撮影後にタネが2つ発見され、結局790個でした。最後までグダグダですいません、もうみんなタネも見たくないくらいに疲れております

では皆様、第2回ワークショップもお楽しみに!

スイ研ワークショップ BY : admin

suiken1

先日、8月14日(金)に、第一回目の「スイ研ワークショップ」を行いました。テーマは以下の2つ。

1.カズキ先生のスイカ講座
2.スイカの種を数える実験

講師は、元長崎屋青果売場担当&MBS「タモリのジャングルTV」ジャングルクッキング担当という過去を持ち「スイカのことなら俺にまかせろ!」という、mbdbのcazukiさん。スイカの歴史とおいしいスイカの見分け方を教えていただきました。

suiken3

まずはスイカの歴史について。

スイカの誕生は約2500万年前~3000万年前。 原産地は熱帯アフリカ南部、現在のボツワナ共和国~カラハリ砂漠周辺。

日本への伝来は、伝鳥羽僧正作「鳥獣戯画」(1140年頃)や、義堂周信筆「空華集」(1368年)に描かれていることから、や平安中期~平安後期に中国から伝来 したものと言われていますが、他説として、1579年にポルトガル人がカボチャと共に種子を伝えたとか、慶安年間(1648~1652年)に隠元禅師が中国から携えたとも言われており、実証は難しい。
※ただし沖縄のスイカは伝来ルートが違うらしい

江戸時代中期には、既にスイカが換金作物として栽培されていて、「津木六部耕種法 」(1833年)で、“反当利益が、稲一両二分に対して西瓜十両”と、スイカの経済性についても言及されています。
その他、スイカ食用の歴史や、スイカの年間取扱実績なども教えていただきましたが、そのへんは別途資料を公開したいと思います。

suiken2

そして、おいしいスイカの見分け方講座。

よく言われるのは「スイカをたたいて見分ける」という方法ですが、むしろそれは難しいので、もっと簡単な見分け方があるとのこと。

見た目で見分ける  

(1)縞模様  縞模様は太陽光をしっかりと浴びたモノかどうかが解るバ  ロメーター。太陽光をしっかりと浴びると黒く濃い縞模様  になる。  
(2)ツルの切り口  ツルの切り口が大きいのは茎が太い証拠。これは大量の水  分が果実に入り込む。これにより味が薄く水っぽいスイカ  だと判断できるので、ツルの切り口は小さいものを選ぶ。  
(3)花落ち  底面にある花落ちした部分を見る。花落ちの部分が大きい  と味は大味になってしまう。これも小さい方がベスト。

音で聞き分ける  

スイカを軽くたたいたときの音で聞き分ける方法。但し、  熟練者に限る。  

・高い音程・・・水分が多く、水っぽい音。  
・低い音程・・・熟しすぎて、中にスが出来ている。
・澄んだ音・・・食べ頃。  

なお、熟練者は軽くたたいたときに、指先、手のひらに跳  ね返る僅かな反動でも判断している。

縦模様の深緑が濃く、ツルの切り口及び底面の花落ちが小さいもの。これなら見た目ですぐ見分けられますね。

suiken5

そして、後半は「スイカの種を数える実験」です。
種については様々な仮説があり、小さくっても大きくても種の数は決まっているとか、800~1000個だとか、スイカの種は黒い縞の下にあるなどと言われていますが、本当なのか実証してみました。

suiken6

種を傷つけないように、種のない面をカンで探り当てるカズキ先生。すごいです。

実験結果は、種研究員が別途レポートを上げてくれると思いますので、お待ちを・・・

そして、告知です!

第二回スイ研ワークショップ

テーマ:料理研究
日時:2009年8月24日(月)18:00~
場所:中目黒 ワンパクオフィス [MAP]
メニュー:スイカカレー、スイカライス、スイカポタージュ(仮)の3品

当日はUstreamでの生中継を行いますが、実際に参加したい人、食べてみたい人も募集します。
参加したい!という人は、コメントに参加希望の旨を書いてください!先着3名まで参加可能です。参加費は無料です。